屋根工事事例

さいたま市見沼区 K様邸

こんにちは!

今回はコロニアルの劣化が酷く塗装も検討しましたが、メンテナンスフリーが希望だった為、ガルテクトカバー工法(※1)をする事になりました。

 

施工前

 

棟板金、雪止め金具除去

 

粘着ルーフィング工事

 

新規ガルテクト工事

 

棟下地は樹脂木を使用

 

ガルテクト工事(※2)完了

 

下屋根の壁廻りの仕上げ

※1 カバー工法とは、現在の屋根の上から新しい屋根をかぶせて設置する工法。
既存の屋根を解体する必要がないため、費用が安く済み、屋根が二重になることで断熱性や防音性もUPする、メリットの大きな工事です。

※2 ガルテクトとは、見た目がスレート瓦のようなガルバリウム鋼板という金属屋根です。
屋根材と断熱材を一つにした金属屋根で、軽量で断熱性や耐久性にも優れた屋根材なので屋根リフォームに用いられます。
既存屋根を撤去しないカバー工法の屋根工事に最適でかなり人気が高い瓦となっています。

お客様ありがとうございました。

 


草加市 S様邸 耐震補助の工事

こんにちは!さいたま市見沼区の屋根工事のプロ、有限会社杉浦瓦店です。

今回は草加市S様邸の耐震のための葺き替え工事を行いました。

施工前

下地防水ルーフィング工事

新規屋根材は断熱材のガルテクトで施工

施工後

お客様ありがとうございました。


さいたま市見沼区 A様邸 屋根工事

はじめまして!さいたま市見沼区の屋根工事のプロ

有限会社杉浦瓦店です。
今回、トップライトから雨漏りがするという事で重ね葺き(カバー工法)をする事になりました。


工程は棟板金の解体、雪止め金具の除去、片面接着ルーフィングで防水処理
トップライトは塞いでくれとお客様の要望だったので塞ぎ工事もやりました。

今回の材料は横暖ルーフのフッ素コートの施したプレミアムSを使用することになりました。

雪止め金具も全周に取り付け、換気棟も搭載しました。

棟板金の下地材はハイブリッド建材(樹脂木)を使用し何十年も耐えらる仕様になっております。

当社ではカバー工法以外にも、瓦の葺き替えから雨樋工事まで

屋根、板金に関することなら何でもご相談ください。

お問い合わせはこちら


さいたま市でセメント瓦の葺き替え工事を行いました!

さいたま市のO様宅よりご依頼いただき、セメント瓦の葺き替え工事を行いました。
築年数の長いO様宅の屋根は傷みが激しく、奥様いわく最近雨漏りも見られるとのこと。
相談の結果、下地をしっかりと補修でき、耐震性もアップできる葺き替え工事を行うことになりました。

軽いスレート屋根になり、見た目もスッキリしたH様宅。
雨漏りの危険がある箇所は野地板を張り替え、防水シートも新しくしましたので、これからは安心してお住まいで過ごしていただけます。

屋根を見上げて「ピカピカになったわね」と、奥様も大変喜んでくださいました。