板金・雨樋工事

■忘れてはいけない大切なパート!異常を発見したらすぐに工事を


板金・雨樋にこのような症状はありませんか?
・台風後の、棟部分の飛散・変形
・湿気・漏水による貫板の腐食・劣化
・棟の浮き・釘の緩み
・雨が降ると雨樋の途中から水があふれている
・雨樋の継ぎ目から水が漏れている
・雨樋の中から草が生えていた
・ひび割れがある、継ぎ目が外れている   など

屋根にとって重要な部材に、「板金」と「雨樋」の2つがあります。
どちらも普段目につく部分ではないため、壊れたり、変形しているのに気づかないケースも多数。
不具合をそのままにしておくと、雨漏りや腐食につながりますので、定期的な点検が必要です。

 

■このような工事を承ります!


◎板金工事
「板金」とは、主にスレート系の屋根材同士をつなぎ留めるのに使われている、金属板のこと。
屋根と屋根の接合部をカバーし、雨水の浸入を防いでいます。
お住まいの中でも最も高いところにあるため、突風で浮いたり、剥がれたりしやすく、台風後などは特に注意が必要。
最近では強力に固定でき、劣化もしにくい製品が出ていますので、お住まいの状況に合わせてご提案いたします。

◎雨樋工事
屋根の軒先や外壁づたいに設置されている「雨樋」は、雨水をコントロールし、地上に排水させる役割を担っています。
1年中雨風にさらされているため、サビついたり、雪の重みで変形したり、気がつかないうちに破損やひび割れが起こっていることも度々。
機能が正常に果たされなくなると、外壁や家の土台部分が直接雨水にさらされることになり、雨漏りやカビを引き起こします。
ステンレス、ガルバリウム、塩化ビニールなど種類も豊富にありますので、見映えも考慮して修理・交換工事を行います。

【担当直通】090-8942-4505
【事務所】048-683-5188
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 埼玉県を中心とした近郊地域

一覧ページに戻る