屋根カバー工法

■葺き替えよりお手頃価格で、メリットも多数のカバー工法


「屋根材がズレたり、割れたりしている」
「雨漏りしている」
「10年以上何のメンテナンスもしていない」
「築20年以上が経過している」
このような屋根のお悩みは、当社までご連絡ください。

当社では、日本瓦以外の屋根について、補修工事を承っています。
部分的なズレや割れの補修はもちろん、屋根材全体の傷みが激しい場合もお任せください。

特に「下地自体はしっかりしているが、屋根材が傷んでいる」といった場合は、葺き替えよりもお得な「カバー工法」をおすすめしています。

「カバー工法」とは、現在の屋根の上から、新しい屋根をかぶせて設置する工法。
既存の屋根を解体する必要がないため、費用が安く済み、屋根が二重になることで断熱性や防音性もUPする、メリットの大きな工事です。

屋根の状態や屋根材によっては、カバー工法で対応できないケースもございますので、まずは一度屋根診断をご依頼ください。

 

■カバー工法のメリット


◎ 費用が安く済む
通常葺き替え工事を行う際は、既存の屋根材をすべて解体する必要があります。
そのため、解体に手間を要しますし、廃材が出れば、廃材処理をしなくてはなりません。
特に2004年以前に施工された建築物の多くは、アスベストを含んだものが多く、環境における負荷が高いので、慎重な解体作業が必要。
余分な手間の要らないカバー工法なら、その点お安く済ませることが可能です。

◎ 工期が短く済む
塗装や葺き替えよりも、短い工期で施工が可能です。
屋根工事の最中は、業者の出入りがあったり、騒音、足場仮設で窓が開け閉めしづらいなど、不便を感じることもたくさん。
カバー工法なら、そういったストレスが短期間で済むほか、屋根を壊さないため、工事中も普段通りの生活が可能です。

◎ 断熱性・防音性がアップする
屋根が二重になる分、断熱性・防音性の向上が期待できます。
特に夏場になると、表面温度が70度を超えることもある屋根は、断熱対策が大きな課題。
カバー工法なら、室内への熱の流入を抑えられるため、快適な室内環境づくりに貢献できます。

【担当直通】090-8942-4505
【事務所】048-683-5188
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 埼玉県を中心とした近郊地域

一覧ページに戻る